メールサービス|迷惑メール撃退サービス|利用方法|受信拒否の設定|注意事項 | JCOMサポート

お住まいの地域が設定されていません

地域を設定頂く事で、お住まいの地域にあわせた情報をお届けする事ができます。こちらより設定を行ってください。

※大分県にお住まいのお客さまは、お手数ですが再度地域設定をお願いいたします。

NET サポート

受信拒否の設定-注意事項

注意事項

受信拒否の設定を利用する際は、以下の点にご注意ください。

受信拒否の設定について

ユーザー設定の条件について

  • 文字列を指定して設定するときは、内容をよく確認してください。
  • 例えば「testuser@zaq.co.jp」のアドレスからのメールを拒否したい場合に、「co.jp」や「jp」 という指定をしてしまうと、「testuser@zaq.co.jp」からのメールだけでなく、「co.jp」や「jp」を含む すべてのアドレスからのメールが届かなくなります。
  • 迷惑メール撃退サービスはスペース(空白文字)を含めた文字列に対して適用されるため、文字列の最後にスペースが入力されていると、拒否したいメールが受信されることがあります。
  • 文字列に機種依存文字が含まれていると正確に動作しません。機種依存文字は使用しないでください。
  • 受信拒否するメールの容量設定を、必要以上に小さく設定すると必要なメールも届かなくなる場合がありますので注意してください。本文300文字程度のメールで、容量は約1KB~2KBになります。

受信拒否したメールについて

受信拒否したメールは、サーバー側で削除され、復元することはできません。

迷惑メール撃退サービスの編集をする際は、条件の設定内容をよく確認して設定してください。

また、受信拒否で削除されたことは、送信者と受信者には通知されません。

    未承諾広告メールについて

    未承諾広告の件名には、「未承諾広告※」と記載することが法律で義務づけられています。

    未承諾広告拒否の設定が適用されるのは、法律で規定されたルールに準拠し、件名に「未承諾広告※」と記載されているメールが対象となります。 違法の未承諾広告については拒否できない場合がありますので、送信者・件名などによる条件指定を併用してください。

      送信側のメールソフト / アプリについて

      送信側のメールソフト / アプリの種類や設定によっては、迷惑メール撃退サービス側でメール内容を正確に判定できず、そのまま受信される可能性があります。

      条件を設定したにも関わらず不要なメールを受信しましたら、お手数ですが、ご自身で削除してください。

        迷惑メール撃退サービスの処理順序について

        複数の条件や機能申し込みされた場合、以下の順番で判定。条件合致したメールに対して受信許可、受信拒否、WebMailの指定フォルダーに移動などの処理を行います。

        【受信許可の設定】 

        「お客さま任意で宛先や件名などの詳細設定」など複数の条件判定ができます。

        受信許可条件に合致する場合
        通常どおり受信されます。

        いずれの条件にも合致しない場合
        次の条件判定に進みます。

        次へ

        【受信拒否の設定①】

        「未承諾広告拒否」「英文メール拒否」「お客さま任意で宛先や件名などの詳細設定」など複数の条件判定ができます。

        受信拒否条件に合致する場合
        メールは即時削除されます。

        いずれの条件にも合致しない場合
        次の条件判定に進みます。

        次へ

        【自動振分機能】

        「メール内容の判定」

        条件に合致する場合
        当社があらかじめ設定した基準に沿って迷惑メール判定したメールは、WebMailの[Junk]フォルダに移動します。

        条件に合致しない場合
        次の条件判定に進みます。

        次へ

        【受信拒否の設定②】

        「指定容量超過の判定」

        条件に合致する場合
        メールは即時削除されます。

        条件に合致しない場合
        次の条件判定に進みます。

        次へ

        【なりすましメール対策機能】

        「メール内容の判定」

        条件に合致する場合
        当社があらかじめ設定した基準に沿ってなりすまし判定したメールは、WebMailの[Spoofing]フォルダに移動します。

        条件に合致しない場合
        通常どおり受信されます。

        次へ

        メール受信

        どの条件にもあてはまらなかったメールは、通常の受信動作になります。

        メール転送サービスとの併用した場合の処理順序について

        迷惑メール撃退サービスとメール転送サービスは以下の順序で処理されます

        1. 迷惑メール撃退サービス 受信許可の設定
        2. 迷惑メール撃退サービス 受信拒否の設定(お客さま任意の各種設定)
        3. 迷惑メール撃退サービス 自動振分機能
        4. 迷惑メール撃退サービス 受信拒否の設定(容量指定)
        5. 迷惑メール撃退サービス なりすましメール対策機能
        6. メール転送サービス

        ※ 迷惑メール撃退サービスの設定や自動判定で受信拒否されたメールは即時削除されるため、メール転送サービスで転送されません。

        ページの先頭へ

        OK
        キャンセル