メールサービス|メール転送|注意事項 | JCOMサポート

地域設定のお願い
お住まいの地域に沿った情報提供のため、地域の設定をお願いいたします。

[地域を設定する]

J:COMからのお知らせ

2020年1月14日
マイクロソフトの Windows 7 サポートが終了します。

詳しくはこちら

お知らせを閉じる

J:COMからのお知らせ

2020年1月14日
マイクロソフトの Windows 7 サポートが終了します。

詳しくはこちら

お知らせを閉じる

NET サポート

メール転送-注意事項

注意事項

ご注意

メール転送について、以下の点にお気をつけください。

メール転送先設定の注意事項

  • 1つの転送元アドレスに対して、転送先アドレスを3つまで指定できます
  • チェックONの設定条件を上から順に適用します。チェックOFFの条件は無効と見なされます
  • 設定は15分ほどで適用されます
  • 転送先に「存在しないアドレス(誤記、文字抜けも含む)」や「転送元と同じアドレス」を設定しないよう、お願いいたします。メール遅延の原因となったり、不審な動きと判断されて迷惑メール規制の対象となる場合があります

メール転送サービス全般の注意事項

  • 弊社の迷惑メール撃退サービス/受信拒否機能で拒否したメールは、転送されません
  • 自動振分機能で迷惑メール判定(spam指定)された場合も、WebMailの[Junk]フォルダに振り分けられ、転送されない可能性があります
  • 他社の転送サービスで転送されたメールは、転送されない場合があります
  • メール送信元の設定や、転送先の制限事項(迷惑メールフィルターやメールボックス容量など)によっては、転送されません。特に、携帯電話会社などの迷惑メールフィルターのブロックにご注意ください
  • ウイルス感染メールを転送すると、転送先のウイルス感染を招き、被害拡大の恐れがあります。「メールウイルススキャンサービス」との併用をおすすめいたします
  • メールソフトで「サーバーにコピーを残す」設定時は、転送メールのコピーが弊社のメールサーバーにも保存されます(基本60日間)
  • 転送先アドレスで受信不可の際、メール送信者に、英文のReturned Mail(リターンメール)が届く可能性があります。また、その文面に転送先アドレスが記載される可能性があります
  • 転送先アドレスの変更や解約時は、転送先アドレスの設定変更(不要ならば解除)をしてください

迷惑メール撃退サービスとの併用について

同じアカウントで、迷惑メール撃退サービス、メール転送サービスを同時設定いただくと、以下の優先順位で適用されます

  1. 迷惑メール撃退サービス 受信許可機能
  2. 迷惑メール撃退サービス 受信拒否機能(お客さま任意の各種設定)
  3. 迷惑メール撃退サービス 自動振分機能
  4. 迷惑メール撃退サービス 受信拒否機能(容量指定)
  5. 迷惑メール撃退サービス なりすましメール対策機能
  6. メール転送サービス

詳細は、「迷惑メール受信拒否機能」をご参照ください。

OK
キャンセル