J:PLUS
たのしいこと、全力応援

最適なコース選択で通信料金を節約しよう!

マネー・節約 スマホ・タブレット 2017.01.11
ユーザが追加した画像

毎日の生活になくてはならないものになったスマホですが、毎月の使用料金はだいたい6,000円~9,000円になります。感じ方に差はあると思いますが、決して安いとは言えませんよね?

そのため、「毎月のスマホ代の負担が…」「家族3人分のスマホ代が高くて…」など、毎月の通信料金の負担に悩んでいる方が少なくありません。

そんな悩みを解決すべく、通信料金節約のポイントを紹介します。契約を見直すだけで、驚くほど節約できることも!
10分もあればできますので、スマホ代でお悩みの方は、ぜひ挑戦してみてください。

スマホ代の大きなウェイトを占める「パケット通信料」

毎月のスマホ料金は、「基本料金」「通話料金」「インターネット接続サービス」「パケット通信料」「オプション料金」「端末代金」で構成されています。
実際は、この合計額からさまざまな割引が入りますが、このなかでもっとも大きなウェイトを占めているのが、パケット通信料です。

たとえば、ドコモのスマホの場合…

カケホーダイライトプラン(基本料+通話料金)1,700円
+SPモード(インターネット接続サービス)300円
+データMパック(パケット通信容量5GB)5,000円
=合計7,000円(税抜)
※この金額にオプション料金や分割購入時の端末代金が加わり、各種割引が適用されます。

となり、全体の約70%をパケット通信料が占めることになります。
現在、パケット通信料は、通信容量(毎月使える上限のパケット通信量)ごとの定額プランになっていますので、パケット定額プランの料金がスマホ代の大部分を占めているのです。

毎月のパケット使用量をチェック!

ユーザが追加した画像

それでは、毎月スマホのパケット通信をどれくらい使っているか、ご存知でしょうか?

把握している方は、次の項目に進んでください。まったくわからないという方は、まずは、自分のパケット使用量を確認しましょう。

各キャリアごとにパケット通信料確認方法がわかる参考リンクを用意しました。
最適なコースを選択をするためには、毎月のデータ通信量を把握しなければなりませんので、確認する方法がわからない方は、リンク先の手順を参考にまずは確認してください。

●「ドコモ」のパケット通信量確認方法
→「料金・データ量の確認

●「au」のパケット通信量確認方法
→「前日までの通話料・データ通信量/過去のデータ通信量はどのようにすれば確認できますか?

●「ソフトバンク」のパケット通信量確認方法
→「先月のパケット通信を何GB使用したか確認できますか?

使用量に合わせたプランを選択しよう!

パケット通信量は確認できましたか?
「想像よりもたくさん使っていた」「ぜんぜん使っていなかった」など、意外な結果になった方が多いのではないでしょうか?

問題なのは、契約しているパケット定額プランに対して、使っているパケット通信量が少ない人です。
例えば、容量5GBの定額プランに加入しているのに、実際は1.5GBしか使っていなかった場合、毎月ムダな料金を支払っていることに!

そんな場合は、プランを変更することで、毎月の料金を減らすことができます。
下に各キャリアのパケット定額プランの通信容量と料金の一覧を用意しました。「現在契約している定額プランの料金」と「実際の使用量が収まる定額プランの料金」との差額が、毎月節約できる通信料金ですので、計算してみてください。

<キャリア別パケット定額料金(税抜)>
通信容量ドコモauソフトバンク
1GB-2,900円2,900円
2GB3,500円3,500円3,500円
5GB5,000円5,000円5,000円
20GB6,000円6,000円6,000円
30GB8,000円8,000円8,000円
※2017/1/10現在

●例:毎月の使用量が1.5GB前後のAさんの場合

Aさんは、「容量5GB・月額5,000円」の定額プランで契約しています。ところが、実際の使用量は毎月1.5GB前後でした。つまり、「容量2GB・月額3,500円」の定額プランで収まりますので、こちらの定額プランに変更することで、毎月1,500円も節約できるのです。
1年なら1万8,000円! 2年ならなんと3万6,000円!! これはかなりの節約ですよね?

また、2GBをちょっと超えるくらい使っていて、もう少し使用量を減らせばひとつ下のプランにできるような場合は、「Wi-Fi」を活用することでパケット量を節約することができます。
ちょっとの努力で大きな節約ができます!

ただし、上記の金額は長期契約者への割引などは考慮していないので、ご自身の契約年数や割引サービスの加入状況に合わせて、実際に節約できる金額を計算すると、リアルな節約できる金額がわかります。

格安SIMという選択肢も

ユーザが追加した画像

「パケット定額プランを変えられそうにない…」という方も、安心してください!
MVNOの格安SIMを使えば、通信料金は確実に節約できます。

格安SIMは、大手キャリアのような手厚いサービスがない反面、使用料金が安いのが特徴。会社によって料金は違いますが、3GBで1,000円前後と大手キャリアの3分の1以下の通信料金のところが増えています。

電話番号を変えずに契約する会社を変えられる「MNP」にも対応しているので、電話番号が変わる心配もありません。
ただし、キャリアメールは使えなくなるほか、通話時間が長い場合は、かえって高くなってしまうことがあるので、注意してください。

格安SIMはたくさんありますが、J:COMユーザーの方には、J:COM MOBILEが断然オススメ!
J:COM TVやJ:COM NET(120Mコース以上)にご加入中なら端末代金が割引に!
さらに、「J:COMオンデマンド」アプリで動画を楽しんでも、パケット通信量にはカウントされません。

そのほか、無料のWi-Fiスポットが利用できるといった特典もありますので、是非検討してみてください。

J:COM MOBILEはこちら

その他のチェックポイント

パケット定額プラン見直しのほかにも、「不要なオプション契約がないか?」「使っていない有料サイトの契約がないか?」も、忘れずにチェックしましょう。特に、有料サイトはスマホ購入時に加入したまま、解約を忘れているケースが目立ちます。

ひとつひとつは数百円でも、合計すると数千円になっている場合もありますので、一度請求明細などで確認してみましょう。時間があれば、各キャリアの窓口で相談するのもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

ちょっとの手間で効果の大きいパケット定額プランの見直し。ぜひ、挑戦してみてください。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。
トップへ戻る
OK
キャンセル