J:PLUS
たのしいこと、全力応援

【やってみた!】こだわり夫婦が1000円でTVの配線をスッキリさせてみた!

マネー・節約 2016.10.26

J:PLUS
TVの周辺は、セットトップボックスやHDDレコーダー、ゲーム機など、周辺機器が増えれば増えるほど、たくさんのコードやケーブルでゴチャゴチャになってしまいます。ホコリはたまるし、見た目も悪いしで「なんとかしたい!」とは思うものの、そのまま見て見ぬふりで放置したり、TV台の下や裏に押し込んでごまかしているという方が多いのではないでしょうか?

しかし、ちょっと頑張れば驚くほどスッキリさせられるんです! 使うのは庶民の味方100円ショップのアイテム。ゴチャゴチャ配線に悩んでいた若い夫婦が。たった1000円の予算でスッキリ配線に挑戦します!

 

100円ショップには使えるアイテムがたくさん!

J:PLUS

今回、配線スッキリに挑戦するのは、都内のマンションに住む鈴木さんご夫妻(仮名)。

予算はたったの1000円しかないため、ふたりで相談しながら100円ショップで以下の9アイテムを購入しました。

  • ●ツイストタイ(大)
  • ●ツイストタイ(小)
  • ●結束バンド(Mサイズ)
  • ●コードベルト
  • ●ケーブルボックス
  • ●ワイヤーネット
  • ●バスケット
  • ●スリム型ネットフック
  • ●スチールフック

合計972円です。

ケーブルをまとめるツイストタイや結束バンド、コードベルト、ケーブルを収納するケーブルボックスなどはわかりますが、ワイヤーネットやバスケット、フックなど配線とは関係なさそうなアイテムも買っています。
いったいなにに使うんでしょうか?

 

配線スッキリのスタート

J:PLUS

スタート前の状態がこちら。
他人の家なのであまり大きな声では言えませんが、絡まりあったケーブルにタコ足配線という、非常によくない状態です。

J:PLUS

まずは絡み合った配線をほぐすことからスタート!

J:PLUS

想像以上の絡まり具合に悪戦苦闘すること10分。
無事、すべてのケーブルを解きほぐすことに成功しました。

J:PLUS

なお、こうした配線が苦手な人は、配線を外す前にスマホで写真を撮ったり、メモしておくのがコツ。元に戻せないと、TVが見られなくなってしまいます(涙)。

J:PLUS

TV台の背面に、コワイヤーネットをコードベルトを使って固定するご主人。
このコードベルトは繰り返し使用できるタイプなので、位置の修正もカンタンです。

反対側も同様に固定します。

J:PLUS

設置したワイヤーネットにツイストタイを使ってケーブルを固定していきます。
大きな輪にしているのは、電源ケーブルをぐるぐる巻にしたり、束ねると危険なため。

J:PLUS

フックをワイヤネットに引っ掛け、そこにケーブルをかけていきます。

J:PLUS

順調に進んでいましたが、ここで失敗。

バスケットを取り付けるのを忘れていたので、フックにかけたケーブルをいったん外してバスケットを設置します。

J:PLUS

設置したバスケットには、テーブルタップを乗せます…が、大きさが合っていません(笑)

というのは、タコ足配線を解消するために、余っていた口数の多いものに交換したため。多少の失敗はご愛嬌です。

J:PLUS

壁面端子の下に配線ボックスを置いて収納すればスッキリ!

J:PLUS

電源ケーブルはまとめずに通すだけ。水色のコードベルトでまとめているのはアンテナ線です。

長さをここで調整しておけば、TVの後ろで余って邪魔になりません。

J:PLUS

フックにケーブルをかけ直して作業完了!

作業時間は約1時間でした。
素敵な笑顔で完成を祝う鈴木夫妻。初めての挑戦にしては上出来ではないでしょうか?

 

配線スッキリで掃除も楽々!

J:PLUS

失礼ながら、とても同じ家とは思えないほどスッキリしました。これならホコリもたまりにくく、掃除もカンタン!

壁面端子から伸びる電源ケーブルとアンテナ線は、ツイストタイでまとめて、バラバラにならないようにしてあります。

 

いかがでしたか?

たった1000円の予算と1時間ちょっとの作業で、ここまで配線をスッキリさせることができました。
しかも、買ってきた結束バンドは結局使わなかったので、実質864円分という低予算! 配線アイテムも使い切ったわけではなく、ツイストタイやコードバンドなどは余ったので、パソコン周りの配線などをスッキリさせることに使えます。

とてもかんたんな作業ですので、ぜひアナタも配線をスッキリさせてみてください!

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。
トップへ戻る
OK
キャンセル